NLPプラクティショナーで夢を叶える

  • Archives
  • Categories
  • 自分の反応の仕方を確認する

    1月 24th, 2013



    NLPプラクティショナーで学んでいきますと、
    自分の反応をコントロールすることが出来るようになります。


    例えば、人生や仕事の中で誰かに何か厳しいことを言われたら、
    すぐに落ち込んでしまって、その後の行動に影響が出ることはありませんか?


    これは私たちそれぞれが持つ、反応の仕方のパターンです。
    そして、このパターンは意識的に改善されるか、何かのきっかけで
    切り替わるかしない限り変わりません。


    では、もしも自分の反応の仕方(好ましくない反応の仕方)を
    好ましいものへ変化させることが出来たとしたらいかがでしょうか?


    実は、それは可能です。
    その時にNLPプラクティショナーで学んだことを実践します。


    何から始めるということですが、まずは自分のことを観察します。
    NLPのキャリブレーションです。キャリブレーションをどのように
    するかというと、自分の反応をその都度意識的に見ます。


    また、思い出しながらでもいいですので、
    自分がどんな時に、どのように反応しているのかをまずは紙に書き出します。
    その時に、NLPの代表システムで学ぶV・A・Kのどの感覚を使っているかも
    紙に書けるのがベストです。


    そのような取り組みの結果、自分の感情や反応をリアルタイムで
    観察できるようになってきます。そして、観察できるようになったら、
    自分の反応を明確にして、そこにある動きを明確にします。


    ・どんな時
    ・何を考えているか
    ・内を感じているか?
    ・どんな行動を取っているか?
    ・感情の状態はどうか?
    ・アソシエイトかデソシエイトか?


    などです。
    そこまで分析していくと、改善点が見えてきます。
    つまり、NLPのキャリブレーションを使いながら、
    まずは自分の反応を明確にするところからがスタートです。


    あとは、その人の持つ課題に合わせてNLPのワークを使いながら、
    ベストな反応のパターンを身に付けていきます。


    起きている出来事から課題を読み取る

    11月 27th, 2012



    次のステージに上がるためのシグナルとして活用できるものとして、
    出来事や悩みをあげることができます。今回のテーマである
    起きている出来事から課題を読み取るということですが、
    起きている出来事の捉え方を広げると見えることがあります。


    例えば、出来事はそのままですが、頭の中で起きている出来事
    も起きていることです。それは思考です。または、心の中で起きている
    感情や脳の中で受かんでいるイメージ。


    そして、一番わかり易いのは悩みです。
    過去から現在にかけて、同じような悩みをことあるごとに
    お持ちの場合は、明らかにクリアすべき課題です。


    言い方を変えれば、クリアしないからつきまとい続けるという
    とてもやっかいでもあり、私達を成長させてくれるありがたい存在です。



    NLPプラクティショナーで学ぶと分かってくることですが、
    私達につきまとっているクリアすべき課題は、私たちの目標達成や、
    自分らしさ・リラックスなどを邪魔している可能性がとても高いです。


    NLPプラクティショナーで学ぶ、止めているものです。
    「あなたの成果を止めているものは何ですか?」という質問を
    NLPでは学びます。その質問に真剣に答えながら、クリアすべき課題を
    見出して一つづつクリアしていきます。


    お伝えしたいのは、クリアすべき課題の中でも、
    人生に根づいているものは、取り除くことで、
    人生のステージを上がるきっかけになります。


    その為にNLPを使うこともできますし、何よりも、
    すぐに向きあい、解消していくことが重要です。


    流れの中で種を巻き続ける

    9月 23rd, 2012



    あなたの夢を叶える循環を創りだして行きましょう。

    その為に学べるNLPプラクティショナーでの知恵やスキルの一つが、
    セルフイメージであり、ビリーフであり、リソースであり、といろいろな
    学びを得えることが出来ます。

    そして、その学びは、種蒔きの種のようなものです。
    常に人生の流れの中で、あなたのその時の課題に相応しい種を
    撒きながら、前に進んでいきます。

    そして、撒いた種は実ります。
    ですから、あなたにとって相応しい種を蒔くことが人生では重要なのです。



    では、あなたにとって、適切で相応しい種とは、
    おもにどのようなものになるのでしょうか?

    それは、まずは
    あなたにとって望ましい人生を描くということです。

    同時に、あなたの中の葛藤を解消することです。

    更に、あなたが持ているNLPでいうリソースを明確にします。

    また、あなたの成果や幸せを止めているものを見つけて
    改善していきます。その改善内容は、葛藤かもしれませんし、
    習慣かもしれませんし、行動かもしれません。

    あるいは、NLPでいうビリーフやセルフイメージかもしれません。
    能力的なことが原因かもしれません。環境のせいかもしれません。


    このように、最低でもやっておきたいことは幾つかあります。
    同時に、あなたの人生でいつも同じパターンでの失敗を
    繰り返しているとしたら、それが課題となります。


    NLPでは、その為に必要な役立つワークやスキル・考え方がありますので、
    是非、取り入れて、少しづつ活用していくことはいいことかもしれません。


    状況が変わっても、使えるNLP

    7月 24th, 2012



    NLPは、あなたの目標達成のツールとして、
    あなたを幸せにするツールとして、常に使うことができます。


    では、NLPプラクティショナーで学ぶことのメリットをお伝えしていきます。


    ・セミナーに出ると決めた瞬間から始まる変化と成果

    ・セミナーに参加している10日間の最中の変化と成果

    ・10日間のセミナーの終了後に出始める変化と成果

    ・NLPを活用し続けることでの変化と成果


    などです。



    中でも、NLPを活用し続けることでの変化と成果です。
    これは、すっと続きます。


    何かといいますと、あなたがNLPを使い続けて行く間に、
    人生は常に変化していきます。その中で、


    ・置かれている状況
    ・目標や方向性
    ・本当にやりたいことやミッションとの出会い
    ・人生における課題


    など様々な要素に変化が起きていきます。



    すると、同じNLPを使っていても、その意味合いや
    得られるものや効果が変わっていきます。
    それが最も大切なことです。


    今のあなたの使うNLPと、未来のあなたが使うNLPの意味が変わるのですから。
    常に役立てることができます。それを知っているだけで、NLPの使い方や、
    向き合い方が変わります。


    自信を身につけるためのNLPと
    不安を解消するためのNLPでは、
    その意味合いも、適切なワークも変わります。


    それを分かって使うだけで、人生における成果や価値が変わります。
    つまり、あなたがどのステージにいるかでNLPの使いかたが変わります。
    それは、ステージにおける課題が違うからです。


    そのような視点をもつだけで、あなたにとってのNLPは変わります。


    セミナー後からもじわりじわりと聞いてくるNLP

    5月 25th, 2012



    NLPプラクティショナーでは、
    本当に多くのスキルやワークを学ぶことができます。


    そのスキルやワークは、NLPを学んでいる期間だけでなく。
    セミナーを学んだ後にも活きてきます。活用することで、
    徐々に、成果を積み重ねていくことができます。


    この場合のNLPによる成果とは、あなたの変化です。
    あなたが変化することで、現実に出てくる結果もかわります。


    では、どうしてNLPプラクティショナーを学ぶことで、
    長期的に変化したり、結果を出していくことができるのでしょうか?
    幾つかの視点がありますので、その一部をご紹介していきます。


    例えば、スキルです。
    本当に有効なスキルは、いつまでも使うことができます。
    そのスキルを身につけることで、自信が付き行動がかわります。
    なによりも、スキルの基本を身につけることに意味があります。


    次に上げることができますのは、NLPを学ぶことによる、
    内面への影響です。内面が変化することにより、その後の
    人生の財産になります。


    NLPを学ぶことで得られる変化がプラスのものでしたら、
    プラスの影響があります。マイナスの変化でしたら、マイナスの影響が
    その後の人生で続いていきます。


    お伝えしたいのは、スキルや内面の変化についてです。
    一度、身に付けることで、ずっと使うことの出来るスキルや、
    その後の人生に影響を与えてくれるものを取り入れることは
    大きな意味があるということです。


    ですので、あなたの人生にいいものは、
    積極的に取り入れることで、人生が豊かになります。


    是非、あなたにとってベストなものを取り入れて下さい。


    どうしてそれって大切何ですか?

    3月 30th, 2012



    NLPのクライテリアの続きをお伝えしたいと思います。


    仮に、ビジネスで交渉の席についたとします。
    その時に、クライアントの価値基準を聞いたとします。


    「このプロジェクトで最も大切なことは何ですか?」


    このように、NLPのクライテリアを使ったとします。
    その後に、相手の内面の状態をより察するために、
    もう一つ、質問をしてみましょう。


    「それってどうして大事なんですか?」
    「それって、どうして大切なんですか?」


    というような質問をします。


    すると、あることが分かります。


    NLPプラクティショナーで学んだことをビジネスで活かすには、
    この2つの質問のつながりは大切なものです。


    「どうして大切なんですか?」という質問を通して、
    相手の思考の方向性がわかります。


    ・目標や目的、結果に向かう思考の傾向があるのか?
    ・痛みやリスクなどのマイナスの結果や感情を避ける傾向があるのか?


    ここが分かることで、さらに相手のことを知ることができます。


    ・どうして、マイナスを避けたいのか?
    ・どうして、得たい気持ちが強いのか?


    NLPのメタプログラムやLABプロファイルの質問になりますが、
    これを使うことで、クライアントの思考を深く知ることができます。


    その結果、クライアントの背景や状態、未来を共有していくことや、
    察して、理解して共感することもできます。


    このようにNLPのメタプログラムやLABプロファイルを使うことで、
    クライアントとのやり取りや、日常生活でのやり取りが変わります。


    次回は、先ほどの2つの傾向である、得る傾向と、
    避ける傾向について詳しくお話していきます。


    自分の行動の方向性を明確にする

    1月 28th, 2012




    NLPを使って、行動の方向性を定めてみましょう。


    仕事、人生、趣味など、目標としていることがあるかと思います。
    もしかしたら、やりたいことや、目指すものを見つけるのが、
    現時点での目標かもしれません。


    今回のお話では、行動する際に方向性を明確にしておく。
    という内容をご紹介していきます。


    そこで使うのが、NLPプラクティショナーでいう、
    「クライテリア」です。


    クライテリアを使う目的は、あなたの価値基準を明確にすることです。



    仮に、毎日、試験勉強をしているとします。
    取りたい資格があり、その資格の為に、お金や時間を投資して、
    仕事をしながらも、時間やお金のやりくりもしているとします。


    ところで、何のためにそれをやっているのでしょうか?
    それは、本当にあなたが求めていることなのでしょうか?


    人によっては、本当にやりたいことのた為に、
    勉強して、多くの人を喜ばせたい、助けたいなどの目的や
    価値基準があるのかもしれません。


    NLPのクライテリアを使うと、そのような価値基準が出てくるはずです。


    グアクションに、資格を取ることで、転職やいざという時のために、
    有利かもしれないという目的の場合、それは安心を求めているのかもしれません。


    あくまで、仮の話です。
    皆さんがどうかはわかりません。


    この人が、NLPプラクティショナーで学ぶクライテリアを使って、
    一番優先したい価値基準が、安心だとします。


    すると、安心を満たすためにできること、有効なこと、
    もっとも大切なアクションは、他にあるかもしれません。


    NLPのクライテリアで学べる大切なことの一つは、
    今自分が行なっている行動の方向性の確認と、
    別の手段の選択、改善ができる点です。


    そして、なによりも、本当に満たしたい価値基準を知ることで、
    行動をより、あなたにとって最適にすることができる点にあります。


    次のように質問をします。
    「◯◯で大切にしていることは何ですか?」


    このような質問を通して出てくる幾つかの答えの中に、
    大切な価値基準も出てきます。


    ◯◯の中に、価値基準を明確にしたいテーマを入れます。
    是非、使ってみてください。


    行動する際に影響を考える

    12月 28th, 2011




    NLPプラクティショナーで学ぶ、
    エコロジーチェックに関してはご存知でしょうか?


    8フレームアウトカムという目標設定の方法の中に、
    その目標を手にすることで、どのような変化や影響が周囲に出てくるか?


    ということを予めイメージして、そこに対策をねったり、
    計画や目標自体の変化、修正などを行ないます。


    ところで、この8フレームアウトカムの
    一項目として学ぶ「エコロジーチェック」ですが、
    8フレームアウトカムという目標設定以外の場面で
    活用することの方が多い内容なのです。


    それが、中々NLPセミナーのプラクティショナーコースの中で、
    受け取りにくいかもしれませんが、エコロジーチェックの本質は、
    相手の立場に立って、物事の本質や影響、変化を認識することです。


    ですので、NLPプラクティショナーで学ぶ、
    エコロジーチェックを使う場面は、日常生活でも、
    仕事の中でも多く存在しています。


    そして、それを使うことで、思考の幅が広がります。


    実際に、NLPを名古屋で学んだ女性がいらっしゃいます。
    マネージャーとして、スタッフさんたちを8人抱えていらっしゃるそうです。


    そして、今まではどうしても自分だけの視点で考えがちだったそうですが。
    エコロジーチェックをして、部下やお客様の立場に立って、
    考えるようにしていったそうです。



    つまり、
    「どういう影響があるのか?」と考えるためには、
    他の人の視点に立って考える必要があるということです。


    NLPプラクティショナーで学ぶ、第3の視点と
    エコロジーチェックが関わり合いがあるのです。


    とにかく、エコロジーチェックを使って、
    周りの人やお客様などの視点に立つことは、
    思考や発想の幅を広げ、人間関係も深めてくれる
    きっかけになります。


    高い視点で物事を見る

    11月 28th, 2011

    NLPプラクティショナーで学ぶ
    のニューロ・ロジカル・レベルの統一について、
    前回、ご紹介させて頂きました。


    ニューロ・ロジカル・レベルの統一を行ったときに、
    スピリチュアルな体験をして、その時に感じたことを持ち帰って来ました。


    この時の体験は、とてもリラックスしていて、
    リソースフルな状態だたかと思います。


    もしも私たちが、望んでいるゴールに対して、
    もっと高い視点で物事を見たいと考えた場合、
    NLPのニューロ・ロジカル・レベルの統一の
    ワークの後は最適な状態です。


    このワークを行なうことで、いろいろな変化や
    気づきが有ると思いますが、NLPのニューロ・ロジカル・レベルの
    統一のワークを通して、大切な事はもう一つあります。


    それはベストでリソースフルな状態の自分で思考することです。
    そして、感じることです。


    それは、今までの延長の自分で思考するのではなく、
    ベストな自分で思考するということです。


    今までの延長で思考すると解決できない、
    発想が浮かばないということでも、ベストで、
    リソースフルな状態で思考すると見えてくることが変わります。


    その時に、行いたいことが2点あります。


    1、ベストな状態での思考の感覚を覚えておく
    2、それをNLPのアンカリングで記憶しておく


    以上ですが、他のNLPのワークもそうですが、
    ワーク後のリソースフルな状態で思考することに
    もう一つの意味があります。


    NLPを大阪で教えているトレーナーさんいわく、
    繰り返しながら、ニューロ・ロジカル・レベルを高めていくことで、
    だんだんと自分の基準も高めていくことができるそうです。



    ニューロ・ロジカル・レベルの統一って?

    10月 28th, 2011

    ニューロ・ロジカル・レベルを統一して、
    自分にとって望ましい状態をつくり
    だして行きましょう。


    NLPプラクティショナーで学ぶ
    「ニューロ・ロジカル・レベルの統一」
    は次のような手順で行ないます。


    タイムラインのように一本の線を描き、
    そのライン状を動いていきます。


    まずはスタートラインは環境レベルです。


    それぞれのレベルの場所で、
    質問をしながら進み、スピリチュアル
    レベルに行き、スピリチュアルな体験と
    自分の中の変化を持ってまた、順に戻ってきます。


    進むときも戻るときも
    質問の軸は同じです。



    <NLPのニューロ・ロジカル・レベルの統一>


    環境レベル

    ・あなたはどこにいますか?
    ・あなたの周りにはどんな人がいますか?
    ・何が聞こえますか?
    ・身体はどんなかんじですか?
    ・心の中でどんな言葉を発していますか?


    行動レベル

    ・あなたは何をする必要がありますか?
    ・あなたがとっている行動は何ですか?


    能力レベル

    ・それに対して、自分の持っている能力は何ですか?



    信念や価値観レベル

    ・あなたは何を大切にしていますか?
    ・どのような価値観が重要ですか?
    ・あなたはどうあるべきですか?



    自己認識レベル

    ・あなたは何をする人ですか?
    ・あなたの役割は何ですか?
    ・あなたの使命は何ですか?
    ・あなたは誰ですか?



    スピリチュアルレベル

    NLPのニューロ・ロジカル・レベルの統一では、
    ここでスピリチュアルとつながり、それをV・A・Kで
    感じて、その感覚を十分に味わって、持ち帰りながら、。
    先ほどの順に戻ります。


    そして、戻る際も同じ質問をしていきます。


    NLPのニューロ・ロジカル・レベルの統一


    行く時
    環境⇒行動⇒能力⇒信念や価値観⇒自己認識⇒スピリチュアル


    スピリチュアルを感じて持ち変える時(戻る時)
    スピリチュアル⇒自己認識⇒信念や価値観⇒能力⇒行動⇒環境


    NLPのニューロ・ロジカル・レベルは、
    質問自体も意味のある内容です。


    一度、試して行なってみる事で、
    何か感じ、変化のきっかけを提供してくれます。